シガニーリーマンのブログ!

出張、投資、たまにギター。。。

仮想通貨情報 Filecoin(FIL)とは?


ランキングに参加しています!
応援してもらえるとうれしいです♪(´▽`)アリガト!
☟☟☟
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

ビットコインを筆頭に仮想通貨全体の価値が上がり続けている現在ですが、ミーハー心で仮想通貨についていろいろと調べています。その中でFilecoin(FIL)というトークン・プロジェクトが「なんかすごそう!」と目に留まりました。今後のネット環境そのものを変えてしまうんではないかと期待されているプロジェクトということで、今回調べてみました。

個人的にもFILトークンに少し投資してみようかと思ってます。

 

 

 

Filecoin(FIL)の概要

Filecoinの目指す役割ですが、簡単にいうと「個人の余っているストレージ容量をみんなで分け合う。」ということです。

ストレージというのは、パソコンやスマホのデータを保管する容量のことです。

 

 このストレージをブロックチェーンの技術を使ってみんなで共有して、ストレージを貸し出した人には報酬を、逆にストレージを借りたい人はお金を払って借りられるようにするプロジェクトです。

Protocol labという会社がこのプロジェクトを進めています。

 

 

どんなことに使われる?

IPFSという新しい技術開発が進んでいて、これもProtocol lab社が開発をしています。

このIPFSという技術の普及にFilecoinのプロジェクトが必要不可欠です。

詳しいことはここでは記載しませんが、IPFSの技術開発が進むことによってインターネット環境がWEB3.0の完成に近づくと言われています。

WEB3.0の時代に入って、ネット上でやり取りするデータ量がどんどん多くなっていきます。AIやIOTの技術の進歩もその一つの要因です。

スマートホームなどもそうですが、1つ1つの家の情報をすべてネットに流すことになったらすごい膨大なデータ量になりますよね。

この膨大なデータの処理と保管に対応できるとされているのが、IPFSとFilecoinプロジェクトです。

結構難しいので僕も理解しきれていませんが。。。まだまだ勉強が必要ですね。

 

FILの取得方法

いくつかの仮想通貨取引所に上場されています。

バイナンスやKurakenなどにも上場されているので、そこからFILを購入することが出来ます。また、Filecoinのネットワーク上にストレージを貸し出すことでも、報酬としてFILを受け取ることが出来ます。

ですが、このストレージの貸出方法少しややこしいので(というか正直よくわからない。)バイナンスでのフレキシブルセービングが利回り投資としてはいいかと思います。

バイナンスの登録方法はこちらです。

 

www.tono-noto.work

 

将来FILの価値は上がるか?

これに関してはかなり期待大だと思っています!

今後WEBの環境変化にすごく大きな影響を与えるプロジェクトの一つですし、色々な大企業もICOでFilecoinのプロジェクトに出資しています。

それだけこのプロジェクトが期待をされていて、しかも開発もとん挫しないだろうと思われているということです。

しかもFILは発行枚数の上限が決まっているので、早いうちから投資をしておけば今後ビットコインのような爆上がりが期待できるかもです。

※あくまでも投資なのでリスクはあります。鵜呑みにはしないように。自分の判断で。。

 

 

少し情報量は少ないですが、まだまだ勉強することは多いプロジェクトだと思います。

今後も調べて、僕もこれから少しづつFILに投資をしていきます。

 

ではでは、今日はこのあたりで。

 

 

 

過去の仮想通貨関連の記事です。

 

www.tono-noto.work

 

 

www.tono-noto.work