シガニーリーマンのブログ!

出張、投資、電子回路など

中国銀行口座なしで出前が出来るか? 口座なしで出前(外卖)を頼む方法。


ランキングに参加しています!
応援してもらえるとうれしいです♪(´▽`)アリガト!
☟☟☟
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この隔離生活の中で1番困っている事は、

食事が不自由なのと部屋から出れない事です。

 

部屋から出れないのは、もうどうしようもない事なので仕方ないですが、

食事はどうにか改善したい!と思い

そこで色々と手段を試していたのですが、何とか出前をすることが出来ましたので

方法を紹介します!

 

 

 

 

 

中国の銀行口座なしで、中国で出前を頼む方法

 

 

中国での出前。外卖(ワイマイ)とは?

f:id:tono_noto:20201009181542p:plain

外卖(ワイマイ)とは、日本で言う所の「デリバリーサービス」です。

最近はやりの「Uber Eats」の中国版ですね。

中国では、このデリバリーサービスが物凄く発展していて大体の場所には運んできてくれます。学校、ホテル、家はもちろん。

配送方法も、「Uber Eats」と同じで配送する人に寄りけりですが、大体電動バイクが多いですね。

このサービスを使って今回出前に挑戦します。

 

 

Alipayのインストール

f:id:tono_noto:20201009212423p:plain

App Store」または「Play ストア」から【Alipay】と検索します。

すると、上のマークの『支』と書かれたアプリが出てくるのでこれをインストールします。

 

 

 

TourPassへの登録

f:id:tono_noto:20201004153217j:plain

Alipay」をインストール後アプリを開けると、上の方にいくつか項目が出てきます。

その中から『TourPass』を選択します。

 

 

 

f:id:tono_noto:20201004153410j:plain

「TourPass」を選択すると、この画面が出てきます。

そこから『USE NOW』を選択します。

 

 

 

f:id:tono_noto:20201009214459j:image

身分証明を入力する画面が出てきます。

「Nationality/Region」の部分は、『JAPAN』を選択します。

 

 

 

f:id:tono_noto:20201009214512j:image

「JAPAN」を選択すると、その下にパスポート番号などを記入する画面が出てきます。

『Passport No.』は、自分のパスポート番号を入力します。

『Name on Passport』は、パスポートに書かれている自分のローマ字名を入力します。

『Date of Birth』は、自分の誕生日を入力します。

『Passport info Page』は、パスポートをスマホで撮影します。

 

 

 

f:id:tono_noto:20201009214520j:image

ここでは、最初にAlipayの中に入金する金額(中国元)を決めます。

真ん中のあたりの注意事項に、2020年1月からは5%の手数料が掛かることが書いてあります。

 

 

 

f:id:tono_noto:20201009214526j:image

最後にクレジットカードの情報を入力します。

私は日本のクレジットカード(楽天カード)で入力して問題無く使えました。

 

ここまでの登録で「Alipay」の中に500元を持つことが出来ます。

Alipay」の中のお金が無くなれば「Tourpass」の最初の画面からいつでも中国元を入金出来ます。

 

美団外卖(ワイマイ)アプリのダウンロード

f:id:tono_noto:20201009224156p:plain

中国国内で外卖(ワイマイ)をしている会社は複数あるのですが、

特にこの「美団外卖」が、中国のシェアで大部分を占めています。

大概の食事はここで出前できます。

餃子・お弁当・ハンバーガー・麺類・その他たくさん注文できます。

今回、私はここでマクド・KFC・バーガキングを頼みました。

 

f:id:tono_noto:20201009225937j:image

 

最初の画面に『美食』と表示されている部分があるのでそこを選択すると、

今自分の周辺にある出前可能なお店が出てきます。

そこから好きなお店を選んで注文をすれば完了です。

 

あとは待つのみ。

 

 

f:id:tono_noto:20201004153859j:image

 

無事KFCが届き、美味しくいただきました!

 

皆さんも中国に来ることがあれば試してみてください。